- 早割の格安航空券の予約術

早割の格安航空券の予約術

2016年12月21日 6:16 PM

国内旅行をする場合には、マイカーで行く方法・新幹線を利用する方法・飛行機を利用する方法があります。
中でも人気があるのはJAL航空券・ANA航空券・SFJ航空券(スターフライヤー)です。
LCCもありますが、時間帯が良くないデメリットがあります。
大手航空会社の早割が格安航空券の主流になっています。
今回は【早割の格安航空券の予約術】をご紹介しましょう。

早割の発売日の特殊性

航空会社によって違いがあります。
代表的な早期購入割引運賃のJAL航空券「先得」やANA航空券の「旅割」は毎年2回の一斉発売日があります。
例えば、3月末から10月末までの期間に搭乗する予約は1月下旬に予約開始されることが多いです。
一般的に1月下旬・8月下旬は早期購入割引運賃の一斉発売シーズンになります。
テレビのコマーシャルもこの時期の露出度は高くなります。


この段階では予約だけです。
購入期限に関しては予約開始の日にちからは離れています。
予約と同時に購入しなければならないわけではありません。
当該プランの購入期限の近い日にちまでお金を支払うことはないことを覚えておきましょう。
例えば、先得60とか旅割60の場合は搭乗日から60日少し前までが支払いの期限になっています。
1月30日に7月30日の先得60とか旅割60を予約したとしましょう。
支払いしなければならないのは5月30日頃までです。
こういったことから、とりあえずは一斉発売日に予約しておくのも一つの予約術です。

早割はどのように予約・変更すればいいの?

早期購入割引運賃の予約は普通の航空券を購入する場合と違いはありません。
一斉発売日以降ならば航空会社のオフィシャル・ウェブサイトにアクセスして搭乗を希望する日付と路線を指定して検索するだけでいいです。
割引運賃があれば表示されて、空席があれば予約できます。
注意したいのは予約の変更ができないことです。
予約している航空券を取消して新規に予約をします。

いかがでしたでしょうか?

早割の格安航空券の予約術をご紹介しました。
注意したいのは取消料です。
購入した後の取消料は高額になるので注意してください。

Copyright(C)2016 格安航空券を買うならお早めに!割引を活用したお得な旅行をしよう! All Rights Reserved.