- 早割と呼ばれる格安航空券の基礎知識

早割と呼ばれる格安航空券の基礎知識

2017年1月8日 6:31 PM

飛行機に乗る場合に予約方法の違いで激安の料金で利用することができます。
それらを総称して「格安航空券」とか「格安航空チケット」とかと呼ばれています。
JAL航空券・SFJ航空券・ANA航空券でも早割を利用すれば最安値に近い料金で旅行することができます。
今回は【早割と呼ばれる格安航空券の基礎知識】をご紹介します。

飛行機の割引運賃の中で手軽に申し込める「早割」

早めに航空券を予約・購入することで料金が激安になることがあります。
早期購入割引ですが、一般的には「早割」と呼ばれることも多いです。

事前購入割引と同じような意味合いです。
早割は一般的に21日前以前の購入チケットを指すことが多いです。
21日前までが早期購入割引で、それ以降の事前購入割引は「直前購入割引」として表現する航空会社もあります。
現在、日本国内で格安航空チケットの大部分は、早期購入割引(早割)になります。
事前購入割引については、こちらも参考になります。

※各運賃にてご利用いただける座席数には限りがあります。運賃は予告なしに変更および追加設定される場合があります。

引用元:JAL国際線 – エコノミークラス割引運賃

早期購入割引(早割)は特定の日にちまでに予約・購入することで割引になる特別に設定された運賃です。
JAL航空券の場合は「先得」・ANA航空券の場合は「旅割」・スカイマークの場合は「SKYバーゲン」などという名称になって他社と差別化を図っています。
名前や仕組みに若干の違いはありますが、LCCをのぞくほとんどの航空会社で設定されています。

豆知識ですが「早割」の名称はANAの登録商標になっています。
全日空以外の航空会社は利用することができないことになっています。
その全日空も最近は「早割」という名前のプランは出していません。
現在は「早割」と名前がある格安航空チケットは存在していないのです。
「旅割」「先得」などが「早割」と同じ内容のものになります。

いかがでしたでしょうか?

早割と呼ばれる格安航空券の基礎知識をご紹介しました。
基本ルールとしては(1)購入期限があること(2)予約の変更ができないこと(3)取消をする場合の取消料が高額であることです。

Tags: | Categories :日記

Copyright(C)2016 格安航空券を買うならお早めに!割引を活用したお得な旅行をしよう! All Rights Reserved.