- 激安の飛行機料金である事前購入割引運賃の上手な使い方

激安の飛行機料金である事前購入割引運賃の上手な使い方

2016年12月21日 6:16 PM

格安航空券と言えばJAL航空券の事前購入割引運賃である「特便割引」「先得割引」「スーパー先得」があります。
ANA航券の場合は「特割」「旅割」があります。
今回は【激安の飛行機料金である事前購入割引運賃の上手な使い方】についてまとめておきましょう。

割引率が高い事前購入割引運賃の特徴

「料金は激安ですが取消料が高い」これが大きな特徴です。
激安で予約できたと思っていても、スケジュールが変更になる場合は格安航空チケットではなくなります。
旅行の予定がかわらない場合は有利になります。
普通航空運賃よりも激安料金が10,000円安いとしましょう。
その場合は取消料3,000円を3回支払ってもまだ、1,000円安くなるという捉え方もできます。
大切なことは、その格安航空チケットが普通航空運賃と比較した場合にどの程度安いのかを確認しましょう。
それを基本にして取消料の料金と見比べて判断するのが達人です。

事前購入割引運賃はいつまでに購入するとお得なのか?

一斉発売される初期の60日前までの飛行機の予約が特に安いですね。
ですが、搭乗日が閑散期の場合は1週間前程度でも、それなりに激安で最安値の格安航空チケットを入手できる可能性もあります。
飛行機に乗るのが閑散期でお客様があまり旅行やツアーに行かない場合は、早期購入のメリットは少ないかもしれません。
あなたの旅行スケジュールがある程度見渡せるならば取消料が高くても60前までに購入する格安航空チケットは価値があります。
とりわけピークの多客期は狙い目になると思います。
こういった混雑する時期は事前購入割引運賃を適用した予約は、見ている間にソールドアウトになります。
早めに確保しておくのが秘訣です。

いかがでしたでしょうか?

激安の飛行機料金である格安航空券・事前購入割引運賃の上手な使い方についてアドバイスしました。
特徴を把握しておいて上手に使うとお得に旅行できます。
差額でホテルのグレードを上げたりお土産代にしたりでいますね。

Copyright(C)2016 格安航空券を買うならお早めに!割引を活用したお得な旅行をしよう! All Rights Reserved.