- 格安航空券の代表的な事前購入割引

格安航空券の代表的な事前購入割引

2016年12月21日 6:16 PM

格安航空券で一番ポピュラーなものは、事前購入割引でしょう。
搭乗日の何日前までに購入すると割引してもらえます。
格安航空チケットの主流になります。
例えば1日前・3日前・7日前などがあります。
航空会社によってニックネームが付けられています。
JAL航空券の場合は「特便割引」ANA航空券の場合は「特割」などです。

事前購入割引の格安航空チケットの特徴

msdrt56uh
購入期限が設けられているのがポイントです。
「搭乗日の前日まで」というタイプの料金設定のものもあります。
早期割引を適用するならば「60日前」「75日前」などのプランもあるのです。
一般的に早く購入すればするほど割引してもらえる率が高くなり激安になるのです。
上手くスケジュールが合えば、最安値で航空券をゲットできます。
ネックになるのは、キャンセル料も高くなることです。

事前に購入するタイプの格安航空チケットの割引運賃にはどのようなルールがあるの?

ルールに関しては航空会社独自に打ち出しています。
しかし、JAL航空券やANA航空券など大手の航空会社のルールは似通っています。
ポイントを整理しておきましょう。

  1. 前日から75日前などのように購入期限が定められています
  2. 予約の変更は不可の設定になります
  3. 飛行機の予約を取り消しする場合はキャンセル料が2,000円から5,000円程度と高額になります

こういったことから言えるのは予約がしっかりと固まっているので、そのフライトに間違いなく乗るならば激安になります。
ですが、もしも万が一予定が変わってしまってフライトを変更する場合は高額な取消料が必要になります。
変更というのは取消して新規の予約をすることになるからです。
学生さんなどはスケジュールの調整がしやすいので向いています。
ですがビジネスマンなどになるとスケジュールは立てにくいです。
やや使いにくさがある格安航空チケットになります。

JAL航空券の事前購入割引運賃

「特便割引」「先得割引」「スーパー先得」などがあります。
最大では80パーセントほどの割引率になります。
共通しているのは「予約変更不可」になっています。
出発前に取消する場合は最大で支払金額の半額になります。

ANA航空券の事前購入割引運賃

「特割」「旅割」などがあります。
最大で80パーセント程度の割引ですからJALと同じ水準です。
いずれのプランも予約の変更はできません。
出発前の取消料は最大で支払金額の63パーンセントになります。

いかがでしたでしょうか?

格安航空券の代表的な事前購入割引について解説しました。
スケジュールが確定しているならば検討する価値があります。

Tags: | Categories :

新着情報

◆2017/01/06
早割の格安航空券の予約術の情報を更新しました。
◆2017/01/06
格安航空券を利用する場合の注意点の情報を更新しました。
◆2017/01/06
国内線格安航空券の購入術・使用術の情報を更新しました。
◆2017/01/06
格安航空券の代表的な事前購入割引の情報を更新しました。
◆2016/12/21
早割と呼ばれる格安航空券の基礎知識の情報を更新しました。
Copyright(C)2016 格安航空券を買うならお早めに!割引を活用したお得な旅行をしよう! All Rights Reserved.